子育てに充てる時間

共働きの家庭では、子育てについてもなかなか上手く行かずに悩むことが多いという場合もあるのではないでしょうか。共働きの場合は、子どもと一緒に過ごす時間をなかなか作ることができず、余計に自己嫌悪に陥ってしまう親御さんもいます。確かに専業主婦に比べると仕事をしているお母さんは子育てに充てる時間が少なくなってしまうのかもしれませんが、限られた時間の中で子育てをするためには折り合いをつけることも大切です。

子育ては仕事とは違い年中無休です。子どもが熱を出せば夜中でも夜間診療に行くこともありますし、一晩中つきっきりで看病をすることもあります。また食事やお風呂、排泄や子どもに関わる行事など、子育てにはいくらでもやることがあります。つまり、どれだけやってもゴールがないと言えるのではないでしょうか。もちろん自分ができる範疇の中で、突き詰めることはできますが、周囲のお母さんを見るとまだまだ子どものためにやれることがあると感じることもあります。ですが、子育てに凝ってしまうと時間はいくらあっても足りませんし、自分の全ての時間を子育てに費やすことができるわけではないので、求めれば求めるほど自己嫌悪に陥ってしまうのではないでしょうか。

子育てに使える時間が少ないと感じる場合には、こだわりたいことや譲れないことに優先順位をつけて、ある程度のところで折り合いをつけることが大切です。こうすることで、できないことに自己嫌悪に陥ることもなく、共働きでも子育てに自信を持つことができるのではないでしょうか。